教室のご案内と洋彫り彫金について

2018-05-05 14:43:00

はじめましてリトルムーン東京です。教室のご案内

洋彫り彫金 エングレービングと当教室の特徴について

 当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

洋彫り、彫金とはタガネという鋼鉄の刃物一つを駆使して金属の品物に柄を彫り描く伝統技術です。彫金と一口で言っても作風は様々ですね、和柄 ハワイアン柄 ウエスタン柄などがありますが、基本的にはいずれも歴史ある西洋柄をモチーフに簡略化したデザインになります。当教室では本格的な洋柄彫金を主として、ご興味のある方、これから始めたいと思っている方、初心者の方を主体にゼロから学べる日本ではとっても珍しい教室です。

IMG_2742.JPG

 洋柄 洋彫り彫金の特徴につて

 洋柄の特徴は、何と言ってもその繊細な優美さと奥行き感にあります。微細な影彫りをすることにより非常に美しく表現力の豊かな作品に仕上げることができるんですね、圧倒的なクオリティーは、とても手で彫ったとは思えないほど美しく本当に感動してしまいます。このあたりが和柄の唐草模様やハワイアン柄と大きく違う点になります。ゆえに、彫金技術的には洋柄彫金は非常に難易度が高く習得が難しいとされています。難しいとされている理由は、まず情報が無いことではないのでしょうか、基本的な教本があったとしても、具体的なスクロール(渦巻き模様)正しい描き方、タガネの研ぎ方、タガネの刃の入れ方など、肝心な部分の理解は難しいのではないでしょうか。

 美しい洋柄彫金を行うためには大きく分けて3つの課題があります。

 スクロール柄の写術力、2彫る技術、3タガネ研磨技術

P1018318.JPG

 1スクロール柄の描き方

 

当然ですが描けなければ彫ることはできませんよね、一見複雑に重なり合う難しそうな葉の描き方には理論があるんです。理論を基礎から学べば複雑な柄を描くことができるようになります。絵心が無いとあきらめる前に理論を学んで正しいラインを書いてみましょう。美しいスクロール柄は単純に正しい線が多いだけのことということを覚えておきましょう。

 P1018197.JPG

 2彫る技術

 

彫る技術に関しましては、実技講習で効果的な練習法を基礎から行っています。以前はタガネとハンマーで行っていましたが、現在はハンマーを使うことなくエアーハンドピースで行っておりますので女性の方でも簡単に操作することができます。

 P1018320.JPG

 3タガネの研磨

 

研磨技術は作品の良し悪しを決める要となる特殊技術になります。エングレーバー(彫金師)の間でも門外不出の秘伝の業という感じで独自に研究されている場合が多いです。彫る対象が小さくなればなるほど研磨技術は重要になります。彫金講習中は講師が仕上げたタガネを使用していただけますので切れ味や感覚をしっかり覚えておきましょう。タガネ研磨は最終課程の技術講習になりますが実習を通じて基礎から学んでいただけます。